私はウールが大好きです。夏もウールが使える、というのは布おむつに出会って実感しました。

冬はフリースよりもウールの素材感が好きです。

でも子どもの頃はウールが苦手でした。チクチクするものだと思っていたし、実際にそういうものしか身近になかったからです。

 

で、子どもたちのおむつカバーを色々と集めていって、本当に良いものに出会ったんですね。

良いものはチクチクしません。

 

では!ウールの良いところをあげてみます。

 

① 通気性、肌触りが良い

② 年中使える

③ おしっこの匂いがつかない

④ うんち汚れ以外は頻繁に洗わなくていい

 

これだけで十分だと思いませんか?

そう。おむつカバーにピッタリの素材なんです。

防水加工されたものは年中快適に使えません。

ご自分が防水加工されたパンツ(ビニールパンツ)を夏場はくと想像したら簡単に分かることです。暑すぎますね。

でもウールは年中快適に使えます。通気性抜群で、適切に体温調節できる自然素材なんです。

 

ドリームナッピーズでは、おむつカバー以外にも肌着、ブランケット、防水シーツも

ウールを提案しています。一度使ったらみなさんやみつきです。

全て年中使えるものばかり。

『ウールの布おむつカバーのお洗濯!!大変そう・・・』

ウールのおむつカバーのお洗濯は難しいかと言えば、慣れると全然問題ありません。

ラノリン石鹸で汚れた部分だけ押し洗い。あとは干すだけ。手洗いが基本です。

汚れが気になったら、2週間に1回くらいやさしく手洗いしてください。(頻度は汚れと、使われる方の気になり度合いによります)ラノリン石鹸を風呂桶で溶かして(体温より低いくらいの湯温)、しゃぶしゃぶと押し洗い。

1,2ヶ月に1回はラノリン処方してください。

おむつカバーを買ってくださった方にはお洗濯の仕方を、プリントしたものか、

メールで添付して差し上げます。

 

さてここまでウールを持ち上げて、他の防水加工されたおむつカバーや、防水布入りのカバーはどうなの?

と疑問に思われる方も多いと思います。防水加工されたおむつカバーの良さは、

・漏れに強い

・早く乾く

・洗濯機を使える

ということで、これも秋冬や漏らしたくないときには重宝します。

大事なのは、その時々で、「何が快適なのか?使い勝手がいいのか。ママが快適に使えるのか」

を意識することでしょうか。

ともあれ、ウール!!日本の夏を乗り切るために、冬暖かく過ごすために、一度おためしあれ!!

 

na0397

写真はオリジナルのウール布おむつカバー。素材は肌着に使われる最高級糸を使っているので、恐らくお店の中でも一番の肌触り。